OEM導入事例

株式会社インディ・アソシエイツ様

デジタルコンテンツの制作を中心に行っている株式会社インディ・アソシエイツ様。現在OEMパートナーとして、広告主クライアント様のさまざまな課題解決にフリークアウトが提供する位置情報マーケティングプラットフォーム「ASE」をご活用いただいています。

今回、営業企画部 シニア・マネージャーの立石様に、導入を決めたきっかけや経緯、活用事例などをお話いただきました。

インディ・アソシエイツ 立石様

立石 健太 様
株式会社インディ・アソシエイツ 営業企画部 シニア・マネージャー

総合広告会社で営業経験を経て、2009年より現職。 広告施策、イベント企画・運営、デジタルサイネージ、映像制作、空間装飾、SNSキャンペーン等、多岐に渡る業種・企業のプロモーション企画を担当。 2017年よりフリークアウトとOEMパートナーシップを結び、本格的にDSP広告をはじめとするインターネット広告全般における実務経験を積む。社内・社外含めた広告運用スタッフの育成トレーニングをしながら現在もプランニング・ディレクターとして、広告主・広告代理店の課題解決に取り組む。

御社の事業内容を教えて下さい。

弊社はデジタルコンテンツの制作や開発をメインとしている会社です。

東京・名古屋・ニューヨークに拠点を構え、映像制作・配信やデジタルサイネージの設置・コンテンツの制作、遊技機やロボット開発・設置、イベントの制作・運営、企業のプロモーション・広告運用など、集客課題を持つクライアント様へ多分野に渡るサービスを提供しています。

その中で私は営業企画部のプランニング・ディレクターとして、広告主様・広告代理店様の課題解決に取り組んでいます。

御社の特徴や強みを教えて下さい。

多分野をカバーしているので、社内連携によりワンストップでソリューションを出せることが強みです。コンテンツの制作からプロモーションまで一貫して対応することが可能なため、生産スピードも非常に速いです。

インディ・アソシエイツ様 コーポレートサイト

フリークアウトのプロダクトを導入したきっかけを教えて下さい。

弊社には「常に新しいものを見つける」という社風があり、最先端の技術には非常に敏感です。日々新しい情報を探す中で、2016年の秋ごろ、「ASE」の先駆けプロダクトである「PS-CIM」のセミナーに参加する機会があり、位置情報マーケティングプラットフォームのことを知りました。

そのころ名古屋では位置情報ターゲティング広告の利用は一部企業様以外にはあまり普及していませんでした。「ASE」は興味関心などユーザー情報を基にした精密なターゲティングができ、さらには位置情報という「オフライン」のユーザーデータをオンライン広告に活用できる。来店CVなどの結果が数値で表れるため、施策の効果がわかりやすいと考えたんです。

「とうとうオンラインの世界と現実の世界が繋がったんだな」と思いました。すぐにでも広告主様への提案に活用できるプロダクトだと感じました。

導入の決め手となったものは何でしょうか。

「ASE」の圧倒的な取得可能UU数と、配信面・在庫の豊富さによるパフォーマンスの高さと、OEM契約をすることによるクライアント様への提案の幅が広がるという部分が魅力でした。

また、契約前にもセグメントUU数の抽出対応をしてもらったりと、柔軟に対応していただけました。そのサービスレベルにも感動し、導入を決めました。

フリークアウトのプロダクトをどのように活用されていますか。

商談の機会を増やすためのドアノックツールとしての活用しています。「ASE Analytics(オフライン顧客動向分析ツール)」の管理画面で実際にポリゴン指定や取得UU数などを広告主様にお見せすると、非常に興味を持っていただけます。そのまま「ASE」の発注に繋がることはもちろん、他商材の発注にも繋がっていますね。

「ASE Analytics」ポリゴン指定画面

また、「ASE」はマス広告などと比較し、効果測定ができる点で好反応をいただいています。特にKPIが明確化されている広告主様であれば、尚更だと思います。

位置情報でのターゲティングは店舗を持つお客様にとって相性が良く、実際に問い合わせ件数が増えたなどの反響もいただいています。また、折込チラシのエリアの改善など、予算の適切なアロケーションにも役立っています。

ありがとうございます。実際に管理画面をお使いになった率直な感想をお聞かせください。

初めてデジタル広告の管理画面を触ったということもあり、はじめは使い方を覚えるのが大変でした。

しかしフリークアウトさんはレクチャーを実施してくれたり、相談や質問に対してもレスポンスが早く丁寧で、サポート体制がしっかりしていると思います。また、「よくある質問」などを見られるサポートデスクもコンテンツが充実しているため、使い勝手がとてもいいです。

この業界はスピード勝負。知りたいことをすぐに知ることができる点は、すごく助かっていますね。

実際の配信事例についてお聞かせください。

【某スーパー銭湯様の事例】をご紹介します。愛知県名古屋市にある某スーパー銭湯様が8周年のイベントを開催するということで、このイベントをきっかけに常連のお客様だけでなく、新規のお客様も呼び込みたいというご相談をいただきました。

そこで、訴求するターゲットを複数の層に分け、それぞれにあわせた広告コミュニケーションを図ることを提案しました。ASE Adもその中で活用し、休眠顧客(自店に過去来訪経験のあるユーザー)・競合店顧客(競合店に来訪経験のあるユーザー)・地域住民(商圏エリア居住ユーザー)などに分類し、広告を配信しました。

ASE Adを提案するにあたり、ご担当者様は当初、半信半疑の様子でしたが、ご自身の位置情報の行動履歴がデータとして記録され、広告が配信される仕組みを実際にお見せすると、とても驚かれていましたが、すんなりとご理解いただけました。

配信の結果、当初計画していた目標客数の180%を達成することができ、広告運用者の自身の立場からしても、とても嬉しく、ホッとしましたね。

こちらのスーパー銭湯様は、それまでは折込チラシやメルマガ、ポスティングを主な販促手法としていましたが、今回のASE Adのこ利用で広告効果が可視化できたことで、社内報告もスムーズに進められたと大変ご満足いただきました。また、ターゲットを複数に分けての配信から、今まで気が付いていなかった新たな課題の発見にもつながりました。

ご紹介ありがとうございます。他に配信事例はありますか。

それではもう1件、【某テーマパーク様の事例(※)】をご紹介しますね。

こちらのテーマパーク様は、サマーシーズンは大変多くのお客様が来訪されるのですが、今回、本格的なハロウィンイベントの開催を初めて行うということで、集客にかなり不安を感じられていました。

そこで、夏の集客データを最大限に活かし「関連性の高い近隣施設を含めた【夏来場者セグメント】を作成・ターゲティングする広告配信」をご提案し、実施しました。

配信の結果、ASE Adを活用したことで、通常であればオフピーク時にピーク時の60%程度まで低下する公式サイトのアクセスが130%にまで伸び、ハロウィンイベントの集客も大盛況となりました。

夏の来場者をテレビCMなどのマス広告で呼び込み、マス広告からの来場者をASE Adで呼び込む。「ASE Adを活用した結果、期待を超える満足度を得られた」とのお声をいただくことができました。

※当事例はコロナ禍以前の実績となります。

新型コロナウイルスの感染拡大において、御社に影響はありましたか。

イベント関係のお客様もいらっしゃるので、かなり影響は受けています。イベントの中止はもちろん、集客施策や撮影の自粛など…。

一方で、新しい形のお問い合わせが増えているのも事実です。エンドユーザーとのコミュニケーションのオンライン化やEC事業の立ち上げ、Webサイトの改善など、新たな与件をいただくことが増えていますね。今後はそれらの集客施策として、フリークアウトさんのプロダクトが活躍するのではないかと思っています。

社内でもリモートワークやリモート営業が増えており、オフィスもそれに準じたレイアウトへの変更が進んでいます。

今後フリークアウトのプロダクトを活用し、実現していきたいことを教えて下さい。

現状は主に「ASE」を活用しているため、それ以外の「ASEチラシ動画」や「Red TVer PMP配信」などの新しいサービスへの理解を深めて実績件数を増やしたいです。様々なプロダクトを横断し、提案への活用、成功事例の創出を加速させていきたいと思っています。

また、インディ・アソシエイツ独自の「ASE」活用の座組みや勝ちパターンを一つでも多く創出していきたいですね。

今後フリークアウトに期待することを教えて下さい。

引き続き「ASE」の位置情報で取得可能なUU数が増えてくれると、もっと活用価値が上がってくるのではないかと思います。また、階層別でターゲティングが可能になるなど、「ASE」のケイパビリティがより強化されることを期待しています。

お話お聞かせいただき、ありがとうございました!

※2020年07月時点の内容です。

フリークアウトのOEMについて詳しくはこちらをご覧ください。

他社事例

フリークアウトへの
ご相談・資料ダウンロードはこちら