企業情報

沿革

フリークアウトのはじまり

IT エンジニアで、アドテクノロジー分野で起業・ M&A の経験を持つ本田 謙が、アメリカで起きた広告の新しいイノベーションの RTB(Real-Time Bidding)を日本でも立ち上げるため、フリークアウトを創業しました。
創業者 本田が、RTB のバイサイド側の DSP 開発を自宅オフィスで一人ひたすら続け、また同時にセルサイド側の SSP 事業社の立ち上げを呼びかけたところから、フリークアウトはスタートしました。

  • 2010

    10月

    株式会社フリークアウトを創業

  • 2011

    1月

    DSP「FreakOut」をリリース

    2月

    一号社員入社に伴い六本木星条旗通りに本社オフィスを開設

    11月

    表参道骨董通りに本社オフィスを移転

  • 2012

    4月

    米国法人を設立し、タイムズスクエア近くのマンハッタン 6 番街にオフィスを開設

    5月

    表参道青山通りに本社オフィスを移転

    6月

    佐藤 裕介と横山 幸太郎が取締役に就任

  • 2013

    10月

    アジア拠点としてシンガポール法人を設立

    12月

    雇用創出をする急成長ベンチャーを表彰する「Job Creation 2013」にて第 1 位を受賞

  • 2014

    1月

    六本木ヒルズ クロスポイントに本社オフィスを移転

    10月

    西日本エリアでの販売シェアの拡大のため大阪に関西支社を設立

    6月

    東証マザーズに上場

  • 2017

    1月

    持株会社制へ移行し「株式会社フリークアウト・ホールディングス」へ商号変更

    12月

    安倉 知弘と永井 秀輔が新取締役に就任