NEWS

車の一括査定でしつこい電話に悩まされない!LINEで質問に答えるだけ、車のカンタン一括査定や購入相談をサポート!フリークアウトが新サービス『ビッドナウ車買取』を提供開始

2019年5月9日

月間6,300億impの国内最大級マーケティングプラットフォームを提供する、マーケティングテクノロジーカンパニーの株式会社フリークアウト(本社:東京都港区、代表取締役:時吉 啓司、以下フリークアウト)は、チャットボットの質問に答えるだけで、車の一括査定・売却や購入相談を可能とする『ビッドナウ車買取』のサービス提供を開始いたしました。

本サービスは、これまで最先端の広告技術を応用し、マーケティング課題解決を支援する様々なプロダクトを提供してきたフリークアウトが、非効率な課題が多い中古自動車売買マーケットにて、ユーザーと買取/販売業者の双方にメリットをもたらす業界初の中古車の売却・購入相談プラットフォームを構築し、自社媒体ビジネスへ参入するものです。

『ビッドナウ車買取』は、LINE上で必要事項を入力するだけで車を売りたいユーザーと車小売業者を繋ぎ、車の一括査定から売却、さらに新規購入相談まで可能とするサービスです。手間をかけずに車を高く売りたい、効率的に新しい車に買い替えをしたい、などとユーザーが思ったときに、家でも電車でも場所を選ばず利用することが可能です。

トライアル実績では複数社の査定により、見積金額に2倍の差がついたケースも確認されております。今後は、チャットボットの精度をさらに高め、利用者にとってより使いやすいサービスを目指してまいります。

■開発の背景

① 従来の車一括査定の仕組みと課題
中古車の小売販売市場規模は年間3兆円を超えると言われており、車の一括査定は重要な流通のチャネルとなっております。 

従来のWeb上での一括査定では、ユーザーが査定依頼をすると、多くの業者から電話やメールが一斉に届く流れになっており、下記のような課題がありました。
・ 電話がしつこく2週間近く鳴り続ける
・ 複数社との交渉に手間がかかる
ユーザーは、このような煩わしさを避けるため、買取価格が低くなると分かっていながらも仕方なくディーラーに下取り依頼をするケースが多いと言われています。

一方で買取業者側は下記のような課題があり、顧客獲得率が下がっていました。
・ 電話連絡を効率化するシステムを導入している買取業者の一人勝ちで、他の買取業者は電話が繋がらない
・ ユーザーの取り合いが激化しており、獲得率が低下
・ 営業人員の疲弊や電話営業によるレピュテーションリスクが高まる

② 車の流通の仕組みと課題
ユーザーから仕入れた車は中間業者にてマージンが上乗せされ、流通市場を通して別のユーザーに売却されます。『ビッドナウ車買取』では、プロセスをシンプルにすることでそれらの課題を解決しつつ、売却価格のアップを目指します。

③ ユーザーのコミュニケーション手段の変化
近年マーケティングのコミュニケーション手段が大きく変化してきており、その1つがLINEを始めとしたチャット形式の相談チャネルです。LINEやFacebookメッセンジャーなどの普及に加え、電話をしない世代が増えてきていることもあり、ユーザーとのコミュニケーション手段を従来の電話やメールからLINEに変更する企業が増えてきております。すでに3人に1人がチャットでの問い合わせ経験があり、その内の約9割が今後もチャットでの問い合わせを利用したいと回答しています。
(※1 出典:モルビス株式会社「お客さま窓口の利用実態に関するアンケート」 より)

■『ビッドナウ車買取』のメリット(https://car.jnow.bid/

● LINEで簡単に一括査定ができる
● 電話の必要がなく、チャットだけで複数社からの比較が可能
● 複数の業者を比較する事で、結果的に高い価格での売却が可能
● 車の購入相談から試乗依頼も可能
● ユーザーへのカーライフ全般のメディア提供

■利用料金

ユーザーは無料でお使いいただけます。

■利用できるサービスエリアについて

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、山梨県、愛知県、大阪府、兵庫県
※上記エリア内でも一部のエリアで利用できない場合がございます。

■サービス QRコード

愛車を売りたい、車の購入を相談したい!という方はこちらから

LINEの友だち登録画面に遷移します。
LINEの友だち追加ページ:https://line.me/R/ti/p/447-y2dAxj

■今後について

フリークアウトでは、今後も『ビッドナウ車買取』サービスの充実化を目指して、チャットボットの精度を高め、外部ツールとの連携や新たな機能の開発を進めてまいります。同時に、サービスエリアの拡大を図りながら、ユーザーに向けたカーライフ全般のメディア情報の充実に努めてまいります。
また、今後は当分野の知見を深めていくことで、プラットフォームの横展開を図ってまいります。

※1 出典:モルビス株式会社「お客さま窓口の利用実態に関するアンケート」 2018年12月
  https://mobilus.co.jp/press-release/6308
※2 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
※3 本リリースの掲載画像はイメージであり、実際の内容と異なる場合があります。

【会社概要】

会社名:株式会社フリークアウト
所在地:東京都港区六本木6-3-1 六本木ヒルズ クロスポイント
代表者名:代表取締役 時吉 啓司
事業内容:マーケティングプラットフォームの開発・販売
URL :https://www.fout.co.jp/freakout/

【本件に関するお問合せ先】

株式会社フリークアウト ビッドナウディビジョン:中村
E-mail:info@car.jnow.bid Tel:03-6721-1742
URL :https://car.jnow.bid/

【取材に関するお問合せ先】

株式会社フリークアウト・ホールディングス CEO室:井野口
E-mail:pr@fout.jp Tel:03-6721-1740