NEWS

【INFO】YAPC::Okinawa 2018 ONNASONに、プラチナスポンサーとして参加いたします。


2018年3月3日(土)に開催される「YAPC::Okinawa 2018 ONNASON」に、フリークアウトはスポンサーとして参加いたします。また、SPECIAL SESSIONに弊社エンジニア社員 本間が登壇いたします。

YAPCはYet Another Perl Conferenceの略で、一般社団法人 JPAが主催する、Perlを軸としたITに関わる全ての人のためのカンファレンスです。
Perlだけにとどまらない多様な分野のトークセッションを通じ、情報交換や交流を行われています。

今回のYAPC::Okinawaは「架け橋」を意味する、「万国津梁」をテーマに、

・いままで使ってきた、そしてこれから使っていくPerlの話
・「こんな場所で役に立つ!」Perlで取得した技術
・Perlと出会った事で広がった技術やコミュニティの話

といった、様々な企画・トークが準備されています。

フリークアウトは、プラチナスポンサーとして協賛しており、当日会場ではノベルティをお配りする予定です。
また、フリークアウトエンジニア社員も複数人参加いたします。
ご参加のうえ、会場ではぜひお気軽にお声掛けください。

【開催概要】
名称:YAPC::Okinawa 2018 ONNASON
日時:2018年3月3日(土) 10:00 〜
会場:沖縄科学技術大学院大学 OIST
主催:一般社団法人 JPA
URL:http://yapcjapan.org/2018okinawa/
※入場方法等、詳細は、公式HPにてご確認くださいませ。

【登壇情報】SPECIAL SESSION
Perl’s work inside the company (Perl のお仕事)
株式会社フリークアウト 本間 雅洋| @hiratara

国内初のDSPであるフリークアウトのシステムは大部分がPerlで書かれています。
DSPの心臓部とも言えるbidderもPerlで書かれており、現在も弊社ビジネスの中心をなすシステムとして稼働しています。
Perlで書かれた弊社の様々なサービスを通して、Perlを使った開発の実用性に触れると共に、プロダクトを取り巻くIT環境のこの7年での変化や、弊社プロダクトの開発に携わるエンジニア像、そして、Perl以外でどのような言語やミドルウェアの力を借りているか、など、エンジニアの立場から現在のPerlを使った開発の生の現場を、20分間で話せる範囲で紹介します。