採用情報

社員インタビュー

吉川久文・廣瀬隆昌

大手 IT 企業、ネット金融グループといった多彩なバックグラウンドを持つ二人。さまざまなドメインでサービス開発に携わってきたからこそ、生かせる経験がある。
現在は、フリークアウトのプロダクトマネジャー(以下 PM )として、成長著しく変化も早いアドテクノロジー業界で、常に先鋭的なプロダクトを創出し続ける開発現場を牽引している。

市場に新しい価値を創出するワクワク感を

<吉川> フリークアウトの主力プロダクト「Red」全般のプロダクトマネジメントに従事しており、入社以来モバイルアプリ広告のプロジェクトに力を入れています。
前職は大手 IT 企業で、エンジニアとして広告プロダクトを開発していました。エンジニアとしての経験を生かしながら、次のキャリアステップとしてプロダクトマネジメントに挑戦してみたいという思いがありました。
ちょうどその頃、フリークアウトではモバイルアプリ広告のプロダクト開発に注力していくタイミングで、チャレンジしたいと思っていた PM のポジションを誘われ、是非にと入社を決めました。
入社して 2 年ほど経ちましたが、それまで 1 エンジニアとして活動していたところから、プロダクトそのものの作り方へと、自分の視点が徐々に移り変わってきましたね。
もともと広告プロダクトが大好きでしたが、そこに加えて広告業界の市場動向や売上推移などへも視点が広がっていきました。
会社の売上を最大化させるためにどういうプロダクトを作ることができるのかを考えるのが今のミッションです。

<廣瀬> 位置情報データなどを利用したマーケティングプラットフォームの開発を担当しています。
前職では、金融を中心にマーケティングからシステムインフラまで、幅広い分野の課題をテクノロジーで解決する事を仕事としていました。
その中でもマーケティング領域でのテクノロジー活用にさらなる可能性を感じ、アドテクノロジーの業界でも随一の技術力を誇るフリークアウトに入社を決めました。
プロダクトマネジメントは、プロダクトを通していかにマーケットに新しい価値を産み出せたかという観点で評価がなされます。
プロダクトを通して顧客が課題を解決し、マーケットで新しい価値を創造する。それを実現するためにどのようなプロダクトが必要なのかを考えるのが私たちの仕事。
売上は結果が出ればついてくる。新規事業であればこそ、プロダクトが生み出す価値を追い求め、粘り強く続けていく姿勢が重要です。

吉川久文・廣瀬隆昌

吉川久文・廣瀬隆昌

周りに何かを与えられるのではなく、自ら共有し、与える人に

<廣瀬> プロダクト開発の仕事は、何もないところからスタートします。
プロダクトが提供すべき価値は何なのか、顧客の課題は解決されるのか。いろいろと考えていくうちに、プロダクトが目指すゴールが分からなくなることが何度もありました。
プロダクトマネジメントの第一歩は、ゴールを見えるようにすること。自分自身がゴールをイメージできていなかった時期は、 PM としての役割を果たせていないことに焦りを感じていました。
課題を抱える顧客、一緒にプロダクトを創り出すセールスやエンジニア。プロダクトが生み出す価値をみんなで共有することを通し、プロダクトを形作っていくのが PM の仕事です。

<吉川> 広告プロダクトが好きな人はもちろん、広告プロダクト開発の経験がない人でも、プロダクトを通して世の中に新しい価値を提供したいと考えている人には、ぜひフリークアウトで PM に挑戦して欲しいです。
いわゆるアドテクと言われる広告プロダクトは、技術的に非常に複雑なため、技術面の理解力も求められます。ですので、ぜひ現役エンジニアに、次のキャリアとして考えてもらいたいですね。
もちろんコミュニケーション能力やビジネススキルも非常に大切ですが、それらは後からでもトレーニングできるスキルですし、柔軟に人に合わせたコミュニケーションを意識できれば良いのではと思います。私自身もビジネススキルはフリークアウトに転職してから積み上げてきたので、新しい挑戦であっても不安に感じなくて大丈夫ですよ。
フリークアウトで PM として成功するには自走することが必要です。周りに何かを与えられるのを待つのではなく、自分が与える人になる。仕事の裁量が大きく誰かに指示されることもないので、自ら課題を設定し、改善し、次につなげるというサイクルを作り出せる人に来ていただきたいです。

「自分たちのプロダクトを通して世の中を変えていきたい!」そんな熱い思いを持った方にきてほしい

<吉川> 現在はモバイルアプリ事業者向け広告製品の改善に取り組んでいます。顧客や社内からの開発要望は多岐に渡りますが、成功するプロダクト像は見えているので、それを実現するために他社とどう連携していくか、商品としてどのような見せ方をしていくのが良いのかを考えているところです。
市場の動向に合わせて最速、かつ理想のプロダクトをリリースできるよう、妥協なくやっていきたいと思っています。アドテク業界は、プロダクトの力で市場をひっくり返すこともできる可能性を秘めています。この業界で勝ち続けていけるようにプロダクトを磨いていきたいですね。

<廣瀬> 自由度が高い状態からプロダクトを作るチャンスがあり、大変なことも多いですがその分やりがいを感じます。
以前、経営陣から、理想の状態・あるべき姿が明確に提示されている状態でプロジェクトをやったこともありましたが、それに対して顧客に対する価値を定義できず、プロダクトの方向性が定まらずにプロジェクトを閉じたこともありました。今のプロダクトは、「こういうのあったらよくなるんじゃない」というような、少し遠い未来の理想像を示されて、理想の姿から今実現可能な形へ、プロダクトチームがプロダクトを形づくっていくことからスタートし、今まで開発を進めてきました。
考えたものが実現できるかどうかを見極め、実現できるゴール・マイルストーンを設定していくこともプロダクトマネジメントの重要な仕事。出来ることと出来ないことをステイクホルダーにきちんと伝えることも必要です。

現在、フリークアウトでは、私たちが関わるプロダクト以外にも、いくつかのプロダクト開発が同時並行で進んでいます。加えて、事業化前のたくさんのアイディアがプロダクト化を待っている状態です。それらをゼロからプロダクトとしてデザインし、責任を持って育てあげることが PM には求められます。
「ビジネス開発なら誰にも負けない」、「エンジニアリングで顧客課題を解決したい」、そしてなによりも「自分たちのプロダクトを通して世の中を変えていきたい!」そんな熱い思いを持った方、ぜひフリークアウトにジョインして、私達と一緒にプロダクトを通して世界を変えていきましょう。お待ちしています。

INTERVIEW

社員インタビュー

  • 加藤 雅人 ビジネス職加藤 雅人
  • 鈴木 司 ビジネス職鈴木 司
  • 吉川 久文/廣瀬 隆昌 エンジニア職吉川 久文/廣瀬 隆昌