採用情報

社員インタビュー

田中ジミー基樹

2008年、新卒としてインターネット広告専業代理店に入社。 EC サイトのコンサル事業に配属され、サイト制作から Web プロモーション、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)の測定まで幅広く担当。
2011年12月にフリークアウトに入社し、 2012年10月よりエージェンシーセールス局 局長、2016年10月よりリテールテック事業部の営業統括部長・プロダクトマネージャーに就任。

CPA 以外の成果指標を求めてフリークアウトへ

新卒で入った会社では、 EC サイトのコンサル事業に配属され、サイト制作から Web プロモーション、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)の測定まで幅広く担当していました。その後さらに担当領域が拡大され、より効果的な CPA(Cost Per Acquisition:ユーザー 1人 あたりの獲得単価を表す指標)を追い求めることが目標となりました。

いい仲間、上司にも恵まれ満足していた環境ではあったものの、CPA を最も重要視する日本のデジタルマーケティングに違和感を感じていました。「表面上の数字だけではなく、データをより活用したデジタルマーケティングが本質的に重要なのでははないか?」と考えていた際に、他社の先輩にフリークアウトの存在を教えてもらいました。

2011年10月 にフリークアウト代表(当時 COO)の佐藤と出会い、Google 出身である佐藤が「大手企業や代理店が作った指標を壊してやりたい」と語っていたのを聞き、これは面白そうだと感じました。 当時のフリークアウトは社員数 10名弱。会社の規模や業界内ブランドはまだこれからの会社でしたが、まだ未開拓の事業であり、大きな可能性があると感じました。また、この規模から組織を大きくしていくという経験は、たとえ仮にフリークアウトが潰れたとしても、今後数十年の自身のビジネスキャリアにとって価値があると考え、入社を決意しました。

田中ジミー基樹

田中ジミー基樹

テクノロジーの特等席で業界の変化を見る

初出社の日、オフィスに出社すると、オフィス内でドラムを叩いている人や賛美歌を歌っている人がいて非常に驚きました。
新卒入社の会社と比較すると社員規模は 1/100。研修もなく、PC のセッティングが終わったら放置されました(苦笑)
当時は代表の佐藤が営業を担当していたので、まずは打ち合わせに同席し、その場で自社プロダクトの理解を深めるところからスタート。
今は社員研修もある程度手厚くなってきましたが、当時は完全な OJT で、ほとんどは現場と土壇場で鍛えられました。

入社後 1年ほど経ったタイミングで総合代理店へ向けて販路を拡大する必要性が高まり、総合代理店向けのチームを発足。自身が元々代理店出身ということもあり、マネージャーに就任しました。
今でこそアドテクノロジーはその知名度と重要性が理解されていますが、当時はまだまだ黎明期。広告主や代理店に対し、そもそもの必要性を感じてもらうところから始める必要がありました。
日々変化するアドテクノロジー業界において、優秀な経営者やエンジニア達とプロダクトを創り出すことは非常にエキサイティングで、ベンチャー企業で働く醍醐味を味わえたと思います。

プロダクトベンダーとして新たな市場を創り出す

DSP 事業に関しては後任メンバーが育ってきたこともあり、自分自身また何か新しいチャレンジがしたいと考えていた際に、新規事業への異動を打診されました。
今はユーザーの位置情報に基づいたマーケティング分析、広告配信の新規事業の立ち上げを担当しています。
この事業における私のミッションはプロダクトの販売方法、製品に必要な機能を考えエンジニアと共に創り上げていくことです。実際のビジネスにおいて机上の空論ではなく再現性高くビジネスを拡大するノウハウは、フリークアウトの DSP 事業の経験が活かせていると感じています。

私たちはプロダクトベンダーとして自社で製品を創り、新たな市場を切り開くことで価値を出せる存在です。広告会社やメディアのパートナーと協力しながらマーケッターに新しい価値を提供していきたいと考えています。 「営業戦略はマーケット×プロダクトに基いて作られる」。その大前提のプロダクトを創る能力を磨きたい、セールスの経験を活かしながらプロダクトとチームをディベロップメントしたい、そう考えている方にとってフリークアウトは非常にチャンスに溢れている環境だと日々感じています。

INTERVIEW

社員インタビュー

  • 田中ジミー基樹 ビジネス職鈴木 司
  • 吉川 久文/廣瀬 隆昌 エンジニア職吉川 久文/廣瀬 隆昌