News

【PRESS】投資先 popIn 株式会社が提供するコンテンツ発見プラットフォーム DiscoveryPlus を採択

2014年2月26日


株式会社フリークアウト(東京都港区 代表取締役: 本田 謙 以下、当社)は 2014 年 2 月 26 日より
当社の投資先である popIn 株式会社(東京都文京区 代表取締役: 程 涛 以下、popIn)が開発するコンテンツ発見プラットフォーム DiscoveryPlus(ディスカバリープラス) を採択し、主に広告販売を担当致します。

昨今、消費者のメディア接触や行動の断片化によりコンテンツを利用したマーケティング活動を通してユーザーとエンゲージメントをはかる広告主様の増加や、それを支援する事業者様の増加に伴い、当社の投資先である popIn の開発したコンテンツ発見プラットフォームを採用し、広告販売を担当する事に合意致しました。

広告主様、広告代理店様には popIn が媒体社様へ提供するそれぞれの媒体ネイティブなレコメンドウィジェット内広告枠を CPC 入札課金でご提供し、媒体社様へはこのプラットフォームを通してサイト内回遊率、収益向上に寄与するレコメンドウィジェット等のツールを無償提供致します。
ウィジェットはそれぞれの媒体社様のコンテンツフォーマットに統合され、消費者にとってよりコンテンツとシームレスな形で優良な広告主コンテンツも提供して参ります。

これらはオーディエンスの閲覧履歴や現在読んでいる記事内容等のコンテキストから、ウィジェット内に興味関心の関連性が高い広告や媒体記事を表示させるもので、そのマッチング精度とフォーマットの独自性から高い反応率が期待できます。

今後は当社が提供する DSP との統合を視野にいれ、これらの広告枠を当社の DSP*1 を通して買付を行い、マーケター様のあらゆるのニーズに答えられるプラットフォームを目指して参ります。

*1 DSP (デマンドサイドプラットフォーム) とは:

膨大な広告枠在庫の中から、広告主様にとって必要なもののみを買付、配信、レポートを行うオンラインマーケティング統合管理ツールならびにサービス

■ フリークアウトについて

フリークアウトは RTB で広告枠買付を行う DSP ならびに顧客のデータ資産の管理、解析、活用を行う DMP (データマネジメントプラットフォーム)を自社開発、提供するマーケティングテクノロジーカンパニーです。現在、95社を越える広告代理店様のDSP/DMP事業を支える技術インフラのご提供を行うと同時に、通信キャリア、航空会社、トイレタリーブランドをはじめ 4,000 アカウントを超える顧客に当社プラットフォームをご活用いただいております。

【本件に関するお問い合せ】
株式会社フリークアウト 担当: 三瓶
T: 03-6721-1742
M: pr@fout.jp