News

【PRESS】CyberZ社のスマートフォン広告効果測定ツール「Force Operation X」と連携

2013年12月12日


株式会社フリークアウト (本社:東京都渋谷区 代表取締役:本田 謙 以下、当社) は当社の提供するDSP「FreakOut」(*1)において、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:藤田 晋、東証マザーズ上場:証券コード 4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:山内 隆裕)の提供するスマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」(以下、「F.O.X」)と連携いたしました。
スマートフォン広告市場は急速に拡大している一方で、PC向け広告よりターゲティング手法に限りがあり、広告運用を改善していく手段が限定されるという課題がありました。このような背景を受け、本連携によりDSP「FreakOut」はスマートフォン広告配信におけるターゲティング機能の向上を実現いたしました。

豊富な配信ロジック、ターゲティング技術を有する当社のDSP「FreakOut」とスマートフォン広告効果計測実績(*2)を有するCyberZ社の「F.O.X」の両社が展開するターゲティング技術を同時に利用して広告配信を行うことが可能になりました。従来よりも精度の高い配信セグメント設定により、さらに高い広告効果を実現いたします。なお、本ターゲティング機能は「F.O.X」のSDKを導入いただくことでご利用いただけます。

今後もフリークアウトはマーケティング・ソリューションベンダーとの積極的な事業提携を通じ、広告主様のROI向上とブランド価値向上を支援してまいります。

*1 DSP (デマンドサイドプラットフォーム) とは:
膨大な広告枠在庫の中から、広告主様にとって必要なもののみを買付、配信、レポートを行うオンラインマーケティング統合管理ツール
*2 本ターゲティング機能における「F.O.X」の広告効果実績は、許諾をいただいたデータのみ活用しております

■CyberZ社について
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として、スマートフォン市場の黎明期に最速で参入したこと強みとして、 国内・海外における実績、ノウハウをもとに、常に最先端のサービスを提供しています。同社が提供する「F.O.X」は、Facebook社のモバイル広告「Mobile App Install Ads」やLINE社の「LINEフリーコイン」をはじめ、全世界170社以上のメディアと連携し、ワンSDKでLTV計測やアクセス解析をはじめとした精度の高い広告効果計測を実現しております。

■ フリークアウトについて
当社はRTB で広告枠買付を行う DSP ならびに顧客のデータ資産の管理、解析、活用を行う DMP (データマネジメントプラットフォーム) を自社開発、提供するマーケティングテクノロジーカンパニーです。

現在、95社を越える広告代理店様のDSP/DMP事業を支える技術インフラのご提供を行うと同時に、通信キャリア、航空会社、トイレタリーブランドをはじめ4,000アカウントを超える顧客に当社プラットフォームをご活用いただいております。

■ 会社概要
社名: 株式会社フリークアウト

新本社:ヒルズガレージ
東京都港区六本木6-3-1
六本木ヒルズクロスポイント5F(総合受付)
※平成26年1月6日(月)より新本社にて業務開始いたします

現本社:表参道スタジオ
東京都渋谷区神宮前5-52-2
青山オーバルビル13F

設立: 2010 年 10 月 1 日
代表: 本田 謙

■ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社フリークアウト 広報担当:井野口
T: 03-6721-1740
M: pr [at] fout.jp