Give People Work
That Requires A Person.

人に人らしい仕事を。

Recruitment of FreakOut New Graduate Engineer

ENTRY

MESSAGE代表からのメッセージ

楽をしたいという
人らしい気持ちを hack します。

ソフトウェアエンジニア三大美徳の一つである「怠惰」を拡大解釈(という名の曲解)した私は、FreakOut を始める 10 年ほど前から、米国の片田舎で「自動でお金を稼ぐソフトウェア」の開発に躍起になっていた時期があり、サーバーの電源スイッチを入れるだけで数ヶ月後には銀行口座に振込がされ、サーバー台数を増やすだけで振込金額があがっているようなものを目指していました。
夢のような話ではありますが、結果として一定の成果を残せたものの、本格的な起業へ向けてこのプロジェクトは幕を閉じることとなります。このことを通して学んだのは、いくら自動化がなされても、人の仕事はそれほど楽にはならないということでした。 ある部分をソフトウェアに任せれば、より高度なことを人間がやるようになり、その高度であったはずのことも、徐々にソフトウェアに任せることになる。この繰り返しでしかなかったのです。

「人に人らしい仕事を」と社のミッションを定めたFreakOutですが、私の頭にはいつもこの起業前の原体験が会社の目指すものと重なって映ります。
つまりは、怠惰であらんとすることは、文明を推進させるための人の営みのようなものでしかなく、そう考えれば、歴史もその積み重ねでしかないのではないかと。
このように考えてみると、我々がやるべきことも極めてシンプルです。歴史や文明がそうしてきたように、人が少しでも楽できるよう、コンピュータによって仕事の効率を上げていけばよいだけです。どうせ人は楽などせず、より高度な仕事を見つけ出すのですから。 楽をしようと思った人間が、より高度な仕事をすることになることを、皮肉と思われるかもしれませんが、私は楽観と考えています。
なぜなら、どんなにコンピュータによる自動化が進んでも、そこに新たな仕事を見つけ出す能力を人が備えていることに対し、私は楽観的であるからです。

「人に人らしい仕事を」。
この楽観主義の元、楽をしたいという人らしい気持ちを hack して、文明の進歩に少しでも貢献できたらと願っています。

代表取締役社長 Global CEO
本田 謙

技術が人類の創造性を拡張させる。

情報革命の「仕事の収奪」という側面が、ここ最近、大きく取り上げられています。
テクノロジーによる「仕事」の自動化は、工場だけでなく、一般家庭や医療、知識労働にも波及するでしょう。

ナノマシンがあなたの細胞壁に入り込み、自動的に治療してくれるようになれば、お医者さんの仕事の多くは、ロボティクスに置き換えられます。

たしかに英国で 18 世紀後半から進んだ工場制機械工業への移行、一般的に産業革命と呼ばれる時代がもたらしたもののひとつに、膨大な数の失業があると考えられています。
しかし、生産性の飛躍的な向上によって仕事を失った人たちが、蒸気機関による運輸産業など、新しい産業をつくりあげたことで、世界中の生活そのものを激変させたのです。
工業化が世界を変えたのではなく、人が雑務から解放され、その創造性を存分に発揮したために、世界が変わったのです。

FreakOut はテクノロジー企業として、コンピュータの方が人間よりも得意な雑務から、人間を解放すると同時に、人が人らしく、人にしかできない仕事に専念することを支援します。

私たちのテクノロジーと思想は、お客様の創造性を強化するために存在します。

取締役国内広告事業管掌 兼 新領域事業管掌
佐藤 裕介

ABOUT USFreakOut グループの事業領域

「人に人らしい仕事を。」

FreakOut グループは、2010 年 10 月に創業、2011 年 1 月に国産初・アジア初の DSP(Demand-Side Platform)をリリースし、創業から 3 年 9 ヶ月でマザーズ市場へ上場、現在はアジア・中東 11 拠点へ事業展開を拡大し、急成長を続けています。
私たちが生み出すソフトウェアにより、煩雑なオペレーションはコンピュータに任せ、人が人らしく、人にしかできない創造的な仕事に向き合う時間の向上に取り組んできました。広告分野だけに留まらず、複数の M&A を含む新規事業の開拓を進めており、グローバル規模で多種多様な産業における「人に人らしい仕事を」の実現を目指し、挑戦を続けています。

FreakOut ・ホールディングスの事業内容の図

オフィス

FreakOut PEOPLEFreakOut エンジニアに求められる人物像

セルフスターター
FreakOut の競争源泉は、優秀なエンジニアたちによって生み出されるソフトウェアです。
毎日のような機能リリースをキャッチアップし、自分でアクセルを踏んで前に進めることが必要です。
複雑な因果関係に向き合える
FreakOut では、変数が多いが故に複雑なプロダクトを扱います。
その因果関係を紐解き、創造と構築の繰り返しを楽しめる人物を求めています。
仮説をもってトライする、自論を持つ
仕事は自分で見つけ出し、仮説をもって適切な解決策を探します。
強い当事者意識をもって、時代によって変化する価値を考え、プロダクトライフサイクルを回し続けます。

VOICE新卒入社エンジニアの視点から見る FreakOut

エンジニアの意見が反映される事業開発

塘優旗

2016 年入社

データマイニングエンジニア

塘 優旗

首都大学東京大学院
システムデザイン研究科 情報通信システム学域

自分は大学院から自然言語処理の研究室に入り、そこで機械学習を学びました。
研究室で学んだ内容を活かせる企業を探している時に、FreakOut を知り、そのままインターンシップに参加しました。社内で仕事をしてみると、アカデミックな背景がある優秀な人たちがいることと、エンジニアとして自分のスキルを磨ける環境が FreakOut にはあると感じました。入社を決めたのもそういったインターンでの経験があったからです。

入社後は、いくつかのプロジェクトに携わっています。最近で大きかったのは、運用型広告のパフォーマンスを最大化させるためのロジック開発と実装です。本番環境への実装前に、ロジックの検証を行い、実際にプロダクションの実装まで担当することは初めての経験でした。大きい仕事は大変さもありますがやりがいもあります。イメージしたものが作れたことは良い自信になりました。プロジェクトの進行は、上司とこまめに進捗を追いながら進めていき、先輩も上司も手厚くサポートしてくれています。

FreakOut の良さは、会社でなにかをしようとするときにエンジニアの意見が尊重されて回っていく実直さだと思っています。そういう環境はエンジニアとして会社を選ぶうえで重要だと思います。共同代表の本田さんも佐藤さんも元エンジニアで、技術を大切にする Tech-Driven な風土がある。技術を持っている人たちの意見が尊重されて、事業が作られていく。そこが一番の魅力かもしれないですね。

課題を自分で設定出来る、自由がある職場

堀尾健太郎

2017 年入社

バックエンドエンジニア

堀尾 健太郎

筑波大学大学院
システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻

僕は高校 1 年生から理系を選択していました。高 1 の夏は素潜りでとったウニで人工授精の実験をしたり、大腸菌を光らせる実験をしたり、少し変わったカリキュラムでした。
大学でシステムソフトウェアを専攻したのはプロダクトの基盤に精通できる人は強い、という考えがあったからです。宇宙の膨大なデータをさばくデータベースを作るという振れ込みで研究室を選びましたが、結果的には暗号化データベースを研究することになりました。セキュリティとビックデータの複合領域は先駆者がほとんどいないうえ、ニーズがある領域だったので面白かったです。

FreakOut を知ったのは、就職活動中にインフラが強い企業を探していた時でした。入社の決め手のひとつは、良い意味でお堅い企業感がない社風です。もうひとつは、スーパーコンピューター関連の技術を応用して働く先輩社員がいたことです。技術を実際のビジネスに応用している先輩社員を見て、自分が研究してきたことを社会で活かすビジョンが湧きました。

入社後は、インフラ整備や、社内システムの改修、広告配信用のサーバー増強など、様々なことをしています。秒間約 40 万回の広告リクエストをさばくインフラを管理するので、責任は重いですが事業の根幹を支える仕事です。
FreakOut のエンジニアは、自分で仕事を見つけて解決していきます。だからこそ、やりたいことをやらせてもらえる環境だと言えますね。どのチームにもエンジニアに自由があって、サポートしてくれる先輩方がいる。そういう働きやすさが魅力だと思います。

"自由さ"の中で、責任を持って活動できる

堀江 輝樹

2018 年入社

データマイニングエンジニア

堀江 輝樹

早稲田大学大学院
基幹理工学研究科 情報理工・情報通信専攻

大学では情報工学を専門に学びました。修士・博士課程では機械学習を背景に様々な種類のデータを分析・活用するためのアルゴリズムを研究していました。
就職イベントにて、" FreakOut "という特徴的な名前に目を惹かれ、会社サイトを訪問しました。創業者のメッセージや経営理念が自分の考え方や価値観と非常に強く共鳴し、興味を持ちました。採用の過程で先輩社員の話を聞き、機械学習を活用したプロダクトを展開していることを知って、自分の持つ知識や技術を最大限に活かせると確信したため、 FreakOut を選びました。

現在は主に、効果的な広告配信をするための機械学習モデルの精度改善に取り組んでいます。データ分析をもとに、機械学習モデルの数理的な側面の見直し、実装、検証を行います。アイデアを練り、実装と改善効果の検証をし、プロダクトを改善していく。こうした仕事の積み重ねが、 FreakOut のプロダクトを利用するお客さまのビジネスに役立つと思うとやりがいを感じます。
入社直後は、上司や先輩が定期ミーティングなどを通し丁寧にフォローしてくれました。自分が考えた仮説やアイデアを伝えると熱心に耳を傾けてくれ、時には立場の垣根を超えて熱く議論を交わすこともあります。

FreakOut は、互いの考えや意見を尊重しながら、それぞれの能力や個性を存分に発揮できる文化が根付いており、エンジニアには業務を行う上での大きな裁量が与えられています。"自由さ"の中で主体的に責任を持って活動することが大好きな方は、きっと FreakOut が向いていると思いますよ。

オフィス

WORKING STYLE快適な作業を実現するためのエンジニア特別制度

  • 裁量労働

    労働時間の拘束はありません。
    自身の裁量で、幅の広い働き方を選べます。

  • TECH DAY

    隔週金曜日は「TECH DAY」
    通常業務とは別に、自由に課題を設定して解決したことを共有し合います。

  • オープンソース
    コミッター手当

    最新の技術に触れ、アイデアを持ち続けるため、オープンソースへのコントリビューションに対して手当を支給いたします。

RECRUITMENT募集要項

フロントエンドエンジニア

■必須スキル・経験

  • フロントエンド、バックエンド、インフラ等の開発経験

■歓迎スキル・経験

  • Git など開発補助ツールの利用経験
  • プロダクトやサービスの作成経験

■業務内容

  • 広告配信システムの管理 UI、API 開発
  • マーケティング戦略立案者の業務効率を向上させるための管理 UI の開発

バックエンドエンジニア

■必須スキル・経験

  • フロントエンド、バックエンド、インフラ等の開発経験

■歓迎スキル・経験

  • Git など開発補助ツールの利用経験
  • プロダクトやサービスの作成経験
  • オンプレミス、クラウド両環境におけるインフラ構築 / 運用

■業務内容

  • 広告配信におけるインフラ構築 / 運用
  • システムのパフォーマンス、信頼性を向上させるための開発 / 運用

データマイニングエンジニア

■必須スキル・経験

  • データマイニング、機械学習、自然言語処理などの専門知識

■歓迎スキル・経験

  • Git など開発補助ツールの利用経験
  • C/C++, Python, Perl, Ruby, R などを用いたコーディング能力
  • Web ビジネスに関する業務知識/研究開発経験

■業務内容

  • コンピューターサイエンスを活用した、広告配信のパフォーマンスを改善する予測アルゴリズムの開発
  • 広告の推薦アルゴリズム等の開発

新規事業開発エンジニア

■必須スキル・経験

  • フロントエンド、バックエンド、インフラ等の開発経験
  • プロダクトやサービスの作成経験

■歓迎スキル・経験

  • Git など開発補助ツールの利用経験
  • 小規模チームでの長期インターンシップ経験

■業務内容

  • 新規事業チームにおいての幅広い開発業務
  • ソフトウェアエンジニア観点でのビジネスデベロップメント

※新規事業エンジニアの募集は都度行っておりますので、
 新規事業配属にご興味がある方は、個人面接にてご相談ください。

PROCESS選考のながれ

選考のながれ

まずは下記エントリーボタンより、エントリーをお願いいたします。追って弊社よりご連絡さしあげます。

ENTRY

オフィス