INTERVIEW

2014年、新卒3期としてフリークアウトに入社。大学時代はバイオ系の研究室に所属し、プログラミングなどの情報系の技術には一切触れたことがなかったが、
入社後独学で勉強。1年目にしてMobileApp DeepLink Optimization機能の開発からリリースまでをマネジメント。現在はフリークアウトDSPのUI/APIだけでなく、ダイレクトレスポンスに特化したプロダクトの開発にて活躍している。

自分の可能性は自分で決める

フリークアウトにはエンジニアインターンではなくビジネスインターンを経て入社しました。当時はビジネスのみのインターン募集だったのです。説明会に参加したとき、会社の将来性と同時に自分がこの会社に入ったら出来ることがあるのか、何が出来るのかという興味がどんどん膨らんでいくのを感じました。インターン中に、一生懸命に打ち込んでいることが見える、それが仕事であるという先輩社員の姿を見て、自分もそういったものをみつけたいと思っていた時期でもあり、この会社で自分もそうなっていけたらと思いました。

営業職は合わないと感じていましたが、エンジニアとして働くのならば未経験の自分は教育体制の整ったところに行くべきかと悩んでいた頃、CEOの本田と話す機会があり、エンジニアに向いているのではないか、勉強をしてみたらと勧められました。
フリークアウトでなら、エンジニア、セールスなど、進んでいく道がどれか一択ではなく、自分の可能性、自分の動き次第でどのようにも進んでいけるというところも決め手になりました。

チャンスはどこにでもある、ものにするかは自分次第

フリークアウトではどこにでもチャンスがあります。エンジニアチームが作っているものを実際に使うのは社内の人、その実際に使う人が困っている、必要としていることをキャッチアップする中で、今、そしてこれから何が必要なのか分かってくる。そこに応えていく、そういった部分にやりがいを
感じます。各チームがやるべきことを把握していて、それぞれがやるべきことを任せてもらえる、責任を持ってやり遂げるために同じ方向に向って同じ温度感で進んでいける、という点もやりがいに繋がっていると思います。

求められるものが、自分も含めて周りの人もまだよく知らないこと、新しい知識を必要とすることであれば、それに応えていく
ことが自分自身が先に進んでいくためのチャンスになり得ると思っています。

チームの成長は自分の成長

自分自身の力がついてきている実感もあるので、もっと会社の力になりたい、与えられた以上に還元できるようになりたいと
考えています。
会社も自分も、もっと成長していかなければいけないと思っています。そのために今はまだできないことができるようになりたい、
もっとスキルの幅を広げていきたい、会社と共に自分も一緒に成長しているのを感じていきたいと思っています。

会社と共に成長をするには、自社のプロダクトに愛着の持てる人、愛せる人が必要だと思っています。
エンジニアは、例え行き詰ったとしても、傷であれスキルであれ何某か自分自身に残るものを得るまでは諦めないでやりきるという部分を持った人であるべきだと思っています。どうなっていくか、どういうふうにやりがいを感じるか、どういう働き方をするか、全て自分次第だと思っています。様々な経歴の人がいるチーム全体として、よい結果が出せるよう今自分に出来ることを考えて行動できる、そういった人と共に成長を続けていきたいと思っています