INTERVIEW

Yahoo! JAPAN に 2007 年新卒に入社し、当時からモバイルの最前線で開発に携わってきた二人。
お互い別々の道を歩いた後、フリークアウトでは新製品開発の PM、ログチームリーダーとして Tech チームを牽引している。

フリークアウトの未開拓領域を自分で開拓する

<片山> フリークアウト全体のデータ解析基盤を作っています。大量のログを収集し、可視化する仕組みを極めることが今の自分に課した使命です。

<菊池> 現在はレコメンドエンジンの開発を行っているチームのマネージャー、また技術リードを務めています。開発しているレコメンドエンジンでは、コストパフォーマンスを合わせながら配信量を最大化するアルゴリズムの構築を目指しています。そのために大量のログからどのような特徴データを次の広告配信に活かすのがいいのか、地道に解析しながら判断しています。

<片山> データがないとサイエンティストも考えられないですし、基盤ベースでプロダクトアウトに貢献できているのがやりがいですね。

<菊池> ダイレクトレスポンスの商品はマーケットインではなく、エンジニアがコアなエンジンを作ることによってプロダクトアウトしていきたいと考えています。まだまだ未開拓な領域に挑戦できているのがわくわくするポイントですね。

プロダクト改善結果を可視化したい

<菊池> フリークアウトでは DSP/DMP はもちろん、新製品の開発にまつわることも全て自社内で行っています。自分たちでプロダクトを作り、そのプロダクトの価値を理解し、営業する。我々Techチームはプロダクトを作り、改善する、そのサイクルをいかに早く正確に回せるかにフォーカスして開発を行っています。

事業に必要なものを全て自前で作ることは、会社の強みを形成する大きな要因だと考えています。ビジネスを成功に導くためのキーである、改善のサイクルとその結果を可視化させることで、より大きなビジネスインパクトを生むプロダクトを作っていきたいですね。

流行りものがすきで、飽きっぽい人にきてほしい

<片山> ログの技術だけでなく、技術全般に言えることですが、日々進化がめまぐるしい業界です。どんどん新しい、いい技術がでてきますよね。

なので、どんどん新しいものをキャッチアップできて、少し前にいいと思っていたけれども今はもう違うな、と思ったらすぐ捨てられる、そんな流行りものに敏感な人がくると刺激的でいいですね。